横浜で学んだ大規模修繕工事のポイント

クレーム発生を想定した最適な対応が工事進行のポイント

大規模修繕工事にクレームはつきもの?!クレーム発生を想定した最適な対応が工事進行のポイント業者の対応力で、ほぼ順調に工事は終了

クレームは工事の中断に繋がりますし、嫌な雰囲気や他の住民の不満の引き金になるので、なるべく発生させず、発生しても速やかに収めるのが理想的です。
それにはクレームに便乗するのではなく、静観してことが収まるのを待つのが良いと思われます。
これが横浜大規模修繕工事から得た答えで、業者選びや工事中の行動と共に、滞りなく工事を完了させる為のポイントです。
大手で経験が豊富な業者は、クレーマーの発生を想定していますし、最適な対応を心得ていますから、特に心配しなくても大丈夫です。
むしろ、火に油を注ぐような便乗の方が問題ですから、必要のないことは言わずに見守るのが無難でしょう。
もし自分の不満がある時は、あまり大事にしないで直接責任者に意見を伝えることをおすすめします。
例えば作業員に音がうるさいと伝えても意味がなく、殆どの場合は無視して淡々と大規模修繕工事が進められます。
というのも、作業員は決まりに則り作業をしているだけで、わざと大きな音を出しているのとは違うからです。
上の指示で作業しているだけなのにうるさいと言われる、これでは作業員も不満を覚えて工事環境の悪化が懸念されます。
逆に、責任者は住民の意見を無視できませんから、クレームを入れれば騒音の状況を調べた上で、必要に応じて対処することになります。
大規模修繕工事はそれに携わる作業員、影響を受ける住民が多いので、小さなことが引き金になって問題を大きくしがちです。